ニンテンドースイッチ Joy-Con(ジョイコンの)スティック修理方法

NintendoSwitch

ニンテンドースイッチを購入してから2年ほど経過しましたが、購入当時から使っているJoy-Con(ジョイコン)のスティックに不具合が出たことから自力で交換してみました。

※写真はスティック交換後のものです。

傾けていないのに勝手に前方向に入力される不具合

購入してから1000時間程度プレイしましたが、ある日突然スティックに不具合が発生。入力(スティックを傾ける)した後に、手を離すと初期位置に戻りますが、その状態でわずかに入力された状態が維持されてしまいました。

スプラトゥーンとかスマブラの入力のときに力が入っていたせいかもしれないですが、Joy-Conのスティックは耐久性が低いことがネットでは色々と出ているようです。

当時は「ゼルダの伝説 夢を見る島」をプレイしていたのですが、誤入力のせいで何度も奈落に落ちる事象が頻発・・・。筆者は後述する任天堂の修理サービスを使おうとも考えましたが、ちょっと高いので自力でやってみることとしました。

ちなみに、スイッチの設定画面(設定>スティックとセンサー>スティックの補正)でスティックの調整状況を見ることができますが、その表示は正常でした。恐らく、異常値とは判定されない程度で、わずかに僅かに傾いた状態が勝手に入力されてしまっている状況でした。

注意!

ここのページの記載事項を実施することで、任天堂のサポート対象外となる可能性があります。実施にあたっては、自己責任でお願い致します。

準備するもの

  • 交換用スティック
  • Y字ドライバー
  • 精密ドライバー(+)

上記いずれもAmazonで購入しました。Joy-Conのケースのネジは樹脂製のため、あまり形が良くないY字ドライバーを使うと、ネジ山を潰してしまい開け締めできなくなる場合がありますので、レビュー等を参考に良いものを買ったほうがいいと思います。スティックは以下以外にも安いもの高いもの売っていますが、筆者は中間くらいの値段のものを買いました。本物そっくりですが、裏面のアルミ部品の凹みが少し違います。

Amazon | アネックス(ANEX) 精密ドライバー 特殊 Y型 1.6mm No.3470-H | ドライバー
アネックス(ANEX) 精密ドライバー 特殊 Y型 1.6mm No.3470-Hがドライバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: Switch NS Joy-con対応 Joy-Con for Switch コントロール 右/左 センサーアナログジョイスティック 交換用 2個 キャップ付き (model 1) : ゲーム
Amazon.co.jp: Switch NS Joy-con対応 Joy-Con for Switch コントロール 右/左 センサーアナログジョイスティック 交換用 2個 キャップ付き (model 1) : ゲーム

なお、ドライバーと交換用スティックや予備のネジがセットになったものも売っているようですので、適宜選んでもらえればと思います。筆者が購入した上記の交換用スティックは、交換してから3ヶ月以上使っていますが、いまのところ不具合は発生していません。

部品交換の流れ

効率的にやれば作業時間はだいたい10〜20分です。以下では、左手用のJoy-Conを例に取っていますが、最後に右用についても記載しています。

ケースを開ける

四隅のネジを外します。ネジは樹脂製なので、ネジ山をなめてしまわないように注意。

ケースを開きます。

バッテリーをよけて、内部の仕切りを外す

バッテリーは両面テープで貼り付いているだけなので、指で持ち上げて外します。ケーブルは外さなくて大丈夫です。中の仕切りになっている部分は、3箇所のネジを精密ドライバー(+)で外して持ち上げます。

スティックを交換する

スティックは2箇所のネジで固定されていますので、これも精密ドライバー(+)で外して交換します。ケーブルはコネクタの黒色部分を上に持ち上げると外れ、ケーブルを交換したあとまた水平に畳むと接続されます。(短絡防止の為、非金属の薄いヘラなどを使うほうが安心です。)

左スティックの場合、図のように「ー(マイナス)」ボタンに繋がているケーブルがスティックのネジの上を通過しているため、こちらのケーブルも外す必要があります。灰色の爪を持ち上げると外すことができます。

他の部品をもとに戻す

先程外した過程の逆順でもとに戻していきます。

ケースを戻す

ケースを閉じます。やはり、ネジ山を潰してしまわないように注意。

スティックの調整を行う

最後に、スイッチを起動し、設定画面からスティックの調整を行います。

設定>コントローラとセンサー>スティックの補正 の順で起動し、交換したJoy-Conのスティックを補正します。

右手用Joy-Conの場合

右手用のJoy-Conについても手順はほぼ同様です。左手用と違い、スティック部品のネジに干渉するケーブルが無いため、難易度は比較的低いです。

Joy-Con右手用: スティック部品を固定するネジの上に干渉物が無い

サポートに修理依頼する場合

任天堂の公式サイトによれば、1本あたり2,200円かかるようです。つまり、両手分で4,400円です。また、修理中は使うことができなくなってしまいます。

修理の参考価格 Nintendo Switch|サポート情報|Nintendo
Nintendo Switchの修理の参考価格をご案内します。

Amazonで部品とY字ドライバーを調達して自分で実施すれば、1,500円〜2,000円位で収まるので、ぜひ実施してみてはいかがでしょうか。

ちなみに筆者の場合、最初に左手用のみ不具合が発生したため交換しましたが、その後右手用にも同様の不具合が発生したため、結果的に両手分のJoy−Conを公式サポートの約半額で修理することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました